管渠メンテナンス工事 菊池建設工業株式会社

HOME≫管渠メンテナンス≫管更生工法≫ハートSPR工法

ハートSPR工法

概要

ハートSPR工法は、プロファイルをスパイラル円筒上に嵌合しながら製管し、更生管を形成すると同時に既設管きょと更生管の間隙にハート用SPR裏込め材を注入することにより、既設管と一体化した強固な複合管として更生する工法です。

特長

  • 既設管と更生管の間隙にハート用SPR裏込め材を充填するため、更生後は新管と同等以上の強固な複合管に再生するため内水圧や上載荷重に対しても十分な強度を発揮します。
  • 作業に支障のない水量なら通水したままで製管可能です。
  • 曲線用プロファイルの使用により、曲線管路の施工が可能です。
  • 施工距離に制限がないため長距離スパンで更生できます。
  • 管路の任意の位置で部分施工ができます。
  • プロファイルは独自の二重ロック機構でシール材を圧接し、抜群の水密性を発揮します。
  • 従来のSPR工法で裏込め材注入時に、更生管の浮上がり防止のために行っていた支保工が不要。施工が簡略化でき、工期短縮とコスト縮減が可能です。
  • 円形管のみならず、短形きょ、馬蹄形きょなどの断面形状にあわせて更生管が築造できます。

適用範囲

管の用途 農業用パイプライン、トンネルの他、下水道、排水樋管、工業用水等
管の形状 円形、短形、馬蹄形、卵形等
サイズ 800~3000(㎜)
   

施工手順

1.事前調査

管路内を調整し、施工の可否を決定します。既設管径に応じて製管径を決定します。

2.製管機・注入ポンプ搬入

人孔から管渠内に製管機・注入ポンプを搬入しセッティングを行います。

3.製管同時裏込め注入

地上にセットしたプロファイルドラムから、プロファイルを供給。
製管機が既設管内を回転しながら自走し製管。同時にハート用SPR裏込材を注入し、既設管と一体化します。

4.管口仕上げ

管の管口とインバートの仕上げを行います。