管渠メンテナンス工事 菊池建設工業株式会社

HOME≫管渠メンテナンス≫管更生工法≫カナフレックス工法

カナフレックス工法

概要

KanaSlip工法は、老朽化した下水道管路に、工場で生産された自立更生管をそのまま挿入し、管口処理を施すだけの極めてシンプル且つ経済的な非開削型の管渠更生工法です。

特長

  • 特殊作業車等を使用しないため、小スペースでの施工が可能です。
  • 供用下においても施工が可能です。
  • 追従性を有し、耐震性に優れています。
  • KanaSlip本管は芯材にエンジニアリングプラスチックを採用し、帯状にはオレファン系熱可塑性樹脂を使用することで、優れた耐久性、耐薬品性、可とう性を有しています。
  • KanaSlip本管と取付け管(オレファン系熱可塑性樹脂を使用したフレキタイプとリブタイプ、熱硬化性樹脂を使用した反転タイプ)3種類とも熱溶着にて下水管路の一体化を実現します。
  • KanaSlip工法の最大の特長である「工場製品」のKanaSlip本管をドラムにて搬入、既設管へ専用治具にて引き込み、必要であれば充填を行い、取付け管施工を行うだけのシンプルで確実な工法です。
  • KanaSlip本管は、現地硬化型の工法と違い工場で製造しているため品質が安定しており、ドラムに巻き付けた状態での搬入が可能です。また一体形成品で継ぎ目がなく地下水や雨水の侵入、汚水の流出を防止致します。

適用範囲

管  種 鉄筋コンクリート管、陶管
管  径 本  管  呼び径 200~350
取付け管  呼び径 100~200
施工延長 本  管  50m
取付け管  10m

施工手順

1.事前調査

管内を高圧洗浄車にて洗浄を行い既設管の状態を調査する。

2.本管引込

先端に治具を設置しウインチにて更生材の引込みを行う。

3.裏込め充填

下流側より注入ポンプにて裏込め注入を行う。

本管切断 管口仕上げ

更生管の両端をマンホールの内面に合わせて切断する。
既設管と更生管の隙間に汚水が流入しないように管口の仕上げを行う。