管渠メンテナンス工事 菊池建設工業株式会社

HOME≫管渠メンテナンス≫管更生工法≫ノーディパイプ工法

ノーディパイプ工法

概要

ノーディパイプ工法は、熱硬化性樹脂を含浸させた筒状のライニング材を既設管内に引込挿入し、管内面に圧力を加えた状態で、蒸気と空気の混合気体を供給して樹脂を硬化させる非開削の管きょ更生工法です。

特長

  • ガラス繊維補強と水密性に優れたポリエチレン被膜により高い内水圧に対応できます。
  • 更生材料は「水道施設耐震工法指針・解説(社)日本水道協会」に基づいた耐震設計をしており、耐震性を有しています。
  • 更生材料は省令に基づいた溶出試験に合格していて、水道が安全です。
  • 高強度積層構造により、既設管の強度が全く残っていない場合でも、更生管のみで外圧(土圧)に耐え、埋設強度を回復できることができます。

適用範囲

適用サイズ 農業用水:φ200~φ1100
下水道用:φ200~φ700
適用管種 鉄管、鋼管、鉄筋コンクリート管、石綿管

施工手順

1.反転挿入

反転機内に圧縮空気を供給し、既設管内にライニング材を反転挿入する。

2.加熱・加圧

地上の蒸気ボイラー(車上ユニット)より蒸気を供給し、ライニング材を拡径させて既設管に密着させた状態で加熱・硬化する。

3.冷却

配管をエアコンプレッサーに接続して、パイプ内に圧縮空気を供給し冷却する。

4.管端処理

管端を切断し止水処理をする。