管渠メンテナンス工事 菊池建設工業株式会社

HOME≫管渠メンテナンス≫管更生工法≫オメガライナー工法

オメガライナー工法

概要

オメガライナー工法は、断面をΩ(オメガ)型形状に折り畳み、ドラムに巻いた硬質塩化ビニル管をマンホールより既設管内に引き込み、蒸気加熱により円形に復元させ、圧縮空気で既設管に密接させる下水道管渠の本管および取付管を更生・ライニングする工法です。

特長

  • パイプは工場で管理された状態で製造され、現場では形状を元に戻すだけであり、現場での化学反応を必要としないため、品質が安定しています。
  • 施工後は継ぎ目の無い一体型の熱可塑性樹脂のパイプとなるため、地震時の継手のはずれ等が問題とならず、耐震性に優れています。
  • コンクリート等の材料に比べ耐摩耗性に優れており、管としての耐用年数が大幅に延長します。
  • 有機溶剤を用いず、火災・臭気の発生要因がなく、安全でかつ、環境や周辺住民に優しい工法です。
  • 管渠に多少の不陸・蛇行・段差・曲がりなどがあってもシワなく施工できます。

適用範囲

用途 下水道、農業用水、工業用水、排水樋管などの更生
適用管径(既設管) RⅠ(自立管):φ150~400
RⅡ(二層構造管):φ200~450           
Ln(ライニング):150~450

施工手順

1.既設管への引き込み

既設人孔より形状記憶塩ビ管を既設管に引き込みます。ドラム巻き長さは50m以上(呼び径により異なる)で、1スパンを無接続で引き込み可能です。

2.蒸気加熱で円形復元

ボイラーユニット車 よりオメガライナーの内部に蒸気を送り込みます。蒸気によって加熱されたオメガライナーは形状記憶効果により円形に復元します。

3.圧縮空気により既設管と密着

円形復元後、低圧の圧縮空気(0.03~0.20MPa)を送り込むことで、既設管内に密着します。低圧をかけたまま空気で冷却することにより、完全に密着して、耐久性、耐食性に優れた塩ビ管による更生管路が完成します。