管渠メンテナンス工事 菊池建設工業株式会社

HOME≫管渠メンテナンス≫管更生工法≫SPR-PE工法

SPR-PE工法

概要

SPR-PE工法はスチール部材とポリエチレン樹脂を複合させたPEプロファイルを既設入孔内に設置した製管機で螺旋状に巻回するとともに、帯状部材の端部同士を融着することにより、継ぎ目のない新しい管渠を形作る更生工法です。

特長

  • 高剛性のスチールを組み込んだPEプロファイルを使用するため、既設管の強度を見込まないで自立強度を有します。
  • ポリエチレン樹脂によりPEプロファイルは融着され一体化するため、内水圧、外水圧に対して優れた水密性を有します。
  • PEプロファイル表面の材質はポリエチレンであるため、耐食性に優れ、硫化水素等に侵されることはありません。
  • 更生管の粗度係数はポリエチレン管と同じ0.01であり、既設管より管断面が縮小しても同等程度の流量が確保できます。
  • 更生材料であるポリエチレン樹脂は、弾性に富み、耐震性に優れる材料として一般に使用されています。
  • 供給中でも水を流しながら施工できます。

適用範囲

排水樋管、工業用排水管、農業用水、下水道等

円形 φ900~1,500㎜

施工手順

1.事前調査・事前処理

既設管を調査し、施工の妨げとなるものを処理します。

2.製管

製管機によりPEプロファイルを融着しながら製管します。

3.浮上防止・裏込注入

裏込め材注入時の更生管浮上を防ぎ、既設管と更生管の間隙に裏込め材を注入します。

4.仕上げ

上下流の管口を仕上げします。