管渠メンテナンス工事 菊池建設工業株式会社

HOME≫管渠メンテナンス≫管路止水・補修工法≫マグマロック工法

マグマロック工法

概要

マグマロック工法は、非開削で既設管渠と管渠の継手部、マンホールの直壁の継手部およびマンホールと管渠の接続部を短時間にレベル2地震動に耐える耐震構造に改善する工法です。

主要材料は、円筒形状のゴムスリーブの内側に、同じく円筒状に曲げ加工したステンレススリーブと固定金具で構成されており、設置方法は、既設の管渠・マンホールの継手部または既設管渠に設けた誘導目地の位置に、仮組されたステンレススリーブを、油圧ジャッキを用いて固定金具を圧入することで拡径しながら強固な一体リングを形成し、ゴムスリーブを管渠内面に均等に圧着させます。

また、本工法は更生工法(自立管、複合管)を施されたマンホールと管渠接続部にも適応可能です。





特長

マグマロック工法

  1. 既設管渠の耐震化を図り、止水性に優れる
    ステンレススリーブとゴムスリーブの追従性を高め、既設管渠とマンホール継手部をレベル2地震動に耐える水密性能を発揮します。
  2. 耐久生に優れる
    工場生産のステンレススリーブとゴムスリーブは品質が安定しており、設置時に水の影響を受けることなく、設置後も経年変化や化学物質に対して長期の耐久性があります。
  3. 施工性に優れる
    3分割のステンレススリーブは、大断面であってもマンホールからの材料搬入を可能にし、固定金具による嵌合作業は、流水状態での組み立て設置が容易で、短時間に確実な水密性を発揮します。

マグマロック工法mini.NGJ

  1. 耐震性を有さない管渠とマンホール接続部を耐震構造に改善します。
  2. 誘導目地の設置作業は、管の厚さの一部を残して切り込むため、施工時に地下水や土砂の流入がありません。
  3. 管内が流水状態であっても、短時間に確実な施工ができます。

メインライナーS,SⅡ
マグマロック工法3工種の施工後の概念図

適用範囲

マグマロック工法

本管継手部の耐震化

 
管種 鉄筋コンクリート管、ダクタイル管、鋼管、FMPM管
管径 本管呼び径800㎜~3500㎜

マンホール直壁目地の耐震化

 
管種 円形組立マンホール、円形標準マンホール
内径 900㎜~1800㎜

マンホールと管渠の接続部の耐震化

 
管種 鉄筋コンクリート管、更生管※1(自立管、複合管)
※1鉄筋コンクリート管、陶管に更生した管渠を対象とする。
内径

本管呼び径200㎜~700㎜【マグマロック工法mini・NGJ】

本管呼び径800㎜~3000㎜【マグマロック工法NGJ】

施工手順

1.管内洗浄・事前処理工

管内を洗浄し、設置箇所の凹凸を事前に処理する。

2.材料の搬入・仮組立

仮設台の上で、ゴムスリーブ、ステンレススリーブを仮組する。

3.材料移動

仮組したスリーブを設置箇所まで運ぶ。

4.材料設置

専用油圧ジャッキで拡径、設置する。