管渠メンテナンス工事 菊池建設工業株式会社

HOME≫管渠メンテナンス≫管路止水・補修工事≫スナップロック工法

スナップロック工法

概要

スナップロック工法は、小口径及び中・大口径を対象とした、主に下水道管渠の継手部やクラックから発生する侵入水を防止する非開削修繕工法です。主要材料は円筒状に一体形成されたゴムスリーブと、円筒形状に曲げ加工したステンレススリーブで構成されており、両端に止水構造部が設けられたゴムスリーブの内側からステンレススリーブを拡径することにより、止水構造部を既設管の内壁面に圧縮した状態で設置するため、確実な止水効果が得られます。



特長

  1. 止水性に優れる
    ステンレススリーブの拡径・固定により、ゴムスリーブの止水機構を管内面に圧縮設置するため、高い水密性能を発揮します。
  2. 耐久生に優れる
    工場生産のステンレススリーブとゴムスリーブは品質が安定しており、施工中に水に触れても変質がありません。設置後は経年変化や下水中に含まれる化学物質に対して長期の耐久性があります。
  3. 施工性に優れる
    スナップロック工法S(φ700㎜以下)では、TVカメラが水没しない水位、スナップロック工法ML(φ800㎜以上)では、管径の25%(または膝下40㎝以下)の水位であれば、通水状態でも施工が可能です。

適用範囲

スナップロック工法S

 
管種 鉄筋コンクリート管、陶管、硬質塩化ビニル管
管径 本管呼び径200㎜~700㎜
修復幅

300㎜(本管呼び径200㎜~600㎜)

400㎜(本管呼び径700㎜)

スナップロック工法ML

 
管種 鉄筋コンクリート管、ダグタイル管、鋼管、FRPM管
管径 本管呼び径800㎜~3500㎜
修復幅

400㎜(本管呼び径800㎜~3500㎜)